人生オワ太郎のいろいろある部屋

人生が終わってない高校生のブログです。ハーメルンや小説家になろうで(クソみたいな)小説書いてますのでそちらもよろしくなのです。

加計学園問題って結局何が問題なんだよ———頑張って分かりにくくまとめてみました

6月19日、安倍総理大臣は加計学園問題などで陳謝しました。「国会では建設的議論と大きくかけ離れた批判の応酬に終始した。国民に大変申し訳なく感じている」と謝罪しました。各社の内閣支持率世論調査では、いずれも支持する人が減っているのがわかります。ただ、あそこまでマスコミや野党(主に民進党)が騒いでいるのにこの程度しか下がらなかった、とも言えます。

そもそも加計学園がなぜここまで問題になっているのか、何が問題なのか。ホントは問題なんてないんじゃないか、いろいろあると思いますが、この加計学園の一連の騒動について分かりにくく解説したいと思います。

 加計学園問題の発端は5月17日に朝日新聞が「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」などと書かれた文書があったと報じました。官邸側はこれを怪文書だとして一躍しました。

すると今度は前事務次官である前川喜平氏が「あったことをなかったことにはできない」といい、これらのものは事実であることを証言し始めました。

事務次官というと各省庁に置かれている役職で事務方のトップ、つまり政治家でない、官僚の中で一番偉いということです。その事務次官を務めた前川氏、さぞ素晴らしい人なのかというとそうでもありません。

前川氏は東大法学部を卒業後、フランス大使館書記官や教育財務企画官などを歴任し、事務次官まで上り詰めました。

お、すごい人やん、と思う方もいると思いますが、この人にはいろいろと黒いうわさが流れています。噂どころか、実際にそうなのですが・・・

事務次官を辞職する原因となった天下り問題や証言をするちょっと前に発覚した出会い系バー(という名の売春斡旋所)問題など、怪しいにおいがプンプンする人です。

そんな人が5月25日に事実だと証言したのですが、いままでこの人を叩いていた左派系マスコミは一転、この人を持ち上げ始めました。そんなことやってるからマスゴミって言われるんだよ。

まあとにかく、そう証言したわけですが、官邸側はそれも否定をしました。天下りや出会い系バーで問題になった人の証言は信用できないとかそんな感じです。

しかし文科省はこれらの文書が実在したのかどうかを調査し始めました。その結果、6月15日には一部の文書の存在を確認できたといいます。これを聞いた民進党マスゴミは大騒ぎしました。ただ、その調査でも文書を作成した職員は発言の真意はわからないとのことです。

実は、総理の御意向だとかの言葉は、本当に総理がそういっていようとそうでなかろうとつくわれることがある、という事を前川喜平氏自身が言っています。

私だってねフリースクール問題に関して)これは『総理ご意向だって言ったことありますよ(笑)」とBuzzFeed Newsの取材の中で発言しました。

なんじゃそりゃ、とお思いの方もいると思いますが、文科省OBで前愛知県知事の加戸守行氏も「私なんか文科省の現役時代は『大臣の意向だ』とか、『事務次官がこう言っているぞ』とハッタリをかましました」といっています。

これだけで断定はできませんが、たとえ総理や大臣が言っていなくても官僚の方で勝手に言ったことになっている場合があるようです。そうならば何とも滑稽な話です。

まあそんなこともあり、現在も官邸側は総理の御意向があったことを否定しています。

本当に総理の御意向があったのかはまだわかりませんが、そもそもこの話の可笑しいところは、たとえ獣医学部の設置が総理の御意向だというのが事実だとしても、それは何ら問題ないという事です。

もちろん、裏で加計学園側と官邸側で資金の流れがあった、というのなら大問題ですが、それを裏付ける証拠や文書などが全くない上、獣医学部新設の時もちゃん適切、適法な審査、申請をしている以上、実は加計学園問題は問題というほどの物でもないのです。

一応、獣医学部は今までは認可されなかったのに安倍総理大臣の時に認められ、加計学園の理事長と安倍総理は仲がいいらいいので何か便宜を図ったのならちょっとあれですが、それだけなら陳情を聞いただけなので少なくとも法的な問題はありません。

そもそも国家戦略特区は官邸の主導によって行われるものですし、総理の御意向(官僚が勝手に言うやつではない)が入るのは当然と言えば当然です。官邸主導でやるのはけしからん、とかいう人もいるかもしれませんが、そんなこと言ったら法律を作ることも、政務を行う事すらできなくなってしまいます。

とにかく、現時点では違法性を示すものは何らありません。この問題を追及していた民進党の玉木議員ですら法的な違法性はない、というほどです。(下の動画の5分40秒ごろ)

今回の騒動、森友学園の時と同じように官邸側が不当な関与を行っていたという証拠は見つかっていません。ただ、それと同じように不当な介入を行っていないという証拠もありません。残念ながら、悪魔の証明と同じように不当な介入がないという事を証明するのはかなり難しいでしょう。

とりあえず、民進やマスコミなどが官邸が不当なことを行っていたという証拠を見つけるか、さもなくば一刻も早くこの問題の追及をやめることを願っています。